横浜市助産師会について

メッセージ

横浜市を拠点に活動している母子支援のスペシャリスト(専門家)の団体です。助産師は、江戸時代では「産婆」という名称で職業として一般化していました。 →産婆という名称で自然分娩を中心に地域に根差した活動をしてきました。
英語では “midwife” といいますが、with womanという意味です。
助産師はいつでも女性のそばに寄り添い、必要なときにはいつでも手を差し伸べることが仕事です。どの助産師も女性とその家族の健康と幸せを心より願っています。 
助産師は、自然分娩の介助だけではなく、妊娠、出産から思春期、更年期など女性の一生を通してあらゆる場面での健康支援を行います。

助産師会の沿革 

大正4年12月横濱産婆会 設立
昭和23年保健婦助産婦看護婦法(保助看法)の改正により産婆→助産婦に名称変更
昭和29年4月横浜市助産婦会に名称を変更
平成14年3月1日保健婦助産婦看護婦法改正に伴い、助産婦→助産師に名称変更
平成25年10月横浜市産後ケア事業
平成26年一般社団法人を取得し 一般社団法人横浜市助産師会となる
平成30年1月横浜市産後母子ケア事業(訪問型母子ケア)事業始まる
平成30年7月   訪問看護ステーションはなみずき 開設

概要

横浜市内に在住在勤する助産師の団体です。

団体名一般社団法人横浜市助産師会
所在地〒222-0033 横浜市港北区新横浜1-16-2 SEエトワール201号室
連絡先TEL:045-374-5376 FAX:045-374-5379
お問い合わせ時間月~金 10~16時 (祝日及び12/29~1/3を除く)

役 員 等 氏 名 一 覧 表

役職名氏 名
代表理事・会長髙橋景子
代表理事・副会長矢越アヤ子 
理事・副会長野尻 静
理事市川恵子
理事高橋なぎさ
理事浅山道子
理事兵頭めぐみ
監事山本詩子
監事宮下美代子
監事豊倉節子

PAGE TOP